社会保険労務士登録をしない

Question1社会保険労務士試験に受かっても、登録をしない人もいると聞きました。
なぜでしょうか?

確かに、社会保険労務士試験に合格しても、社会保険労務士登録をしない人もいます。

理由は、このような人が多いでしょう。
○ とりあえず、まだ登録する必要がないから
○ 登録すると、その後ずっと会費がかかるから

社会保険労務士事務所で補助者をしている人の場合、試験に合格しても、すぐに登録しないケースも多いかもしれません。

社会保険労務士事務所には、一人、社会保険労務士がいれば良い(事務所として成り立つ)ので、他の人は登録する必要がない、という論法もあります。

所長先生や先輩補助者に遠慮して、登録しない人もいると聞きます。

あるいは、「登録して会費を支払うより、開業資金を貯めた方がよい」と思う人もいるかもしれません。

また、将来的に、社会保険労務士をする予定が全くない人は、試験に合格しても、ずっと登録をしない人が少なくないようです。

Question2しばらくの間は、社会保険労務士登録をしない予定です。
何かデメリットはありますか?

会社の総務部や人事部で仕事をしている人や、社会保険労務士事務所に勤務している人だったら、あまりデメリットはないかもしれません。

・・・というのは、毎日、労働社会保険に係わる現場で仕事をしているわけですから、法改正などの情報も入ってきやすいし、必要な知識や実務は、日々アップデートできるからです。

でも、社会保険労務士と全く関係のない仕事をしている人の場合、よほどアンテナを研ぎ澄まさない限り、最新の情報は入ってきにくい状況だと思います。

また、何より、忘れます。
試験でせっかく覚えた知識も、数年間放っておけば、役に立たなくなってしまいます。

その後、社会保険労務士の仕事を全くする予定がなければ、それでもよいかもしれません。

でも、「将来は開業しよう」「何年か後には、転職したい」と考えている人は、早めに社会保険労務士登録をしておくのも、ひとつの方法かもしれません。(会費はかかりますが・・・。)

登録をしておけば、研修会もあるし、会報も送られてくるから、いざ社会保険労務士になるときに、浦島太郎にならずに済むのではないか、と思います。

>>現役社労士に仕事の現状を聞いてみました。