会社の顧問の仕事(2)

Question1顧問業務って、具体的には、何をするのですか?

顧問業務の場合、社会保険労務士は顧問先の会社の労務全般に関わることになります。
当然、その会社とは、よく連絡を取り合います。

連絡相手は、社長であったり、総務や人事の担当者であったり、様々です。

連絡事項は、社員の入社や退社の連絡の他、
「社員が引っ越した」「社員が結婚して姓が変わった」「社員が病気でしばらく休むらしい」など、社会保険手続き関連の連絡もあれば、

「社員がセクハラされたと言っている」「業績悪化でこのような給与変更をしたいが、問題はないか」など、労務関係の連絡もあります。

また連絡頻度も、様々です。
毎日のようにメールや電話がくる会社もあれば、1ヶ月に一度しか連絡を取り合わない会社もあります。

関わり方も色々で、“先生”として丁重な扱いを受けることもあれば、“うちの社労士さん”として、外部にいる社員のような親しいつきあいになることもあります。

Question2労務顧問に向いているのはどんな人ですか?

社会保険手続きの仕事というものは、事務処理に慣れてさえいれば、サクサクと処理できます。

更に、電子申請の普及もあって、手続きは簡略化の傾向にあり、以前ほど、手間も時間もかからなくなっています。

しかし、労務問題は、逆に増えていて、これからもこの傾向は続くと思われます。

労務問題の相談については、その社会保険労務士の能力や経験などが出てくるものです。単に法律を知っているだけでは務まりません。

会社の問題点を引き出すためには、「会話をする能力」が必要だし、相手に問題点や解決策を理解してもらうには、「説明をする能力」も必要です。

だから、労務顧問をするには、通常の事務処理能力に加えて、コンサルティングの能力、コミュニケーションの能力が必要になります。

Question3顧問契約の場合の報酬はいくらくらいですか?

顧問報酬の定め方に決まりはありませんが、通常の社会保険労務士事務所は、顧客の会社の人数により、顧問報酬を設定しています。

大抵の場合、会社の人数と社会保険労務士の業務量は、比例するからです。

しかし例外もあり、毎日のように問題が発生してくる会社もあれば、延々と平和な状態が続く会社もあります。

ですから、結局は、そうしたことを考えながら、個別に料金を決めることになります。

Question4顧問の仕事の特徴は?
社会保険労務士側から見た顧問契約の特徴は、このような感じです。

□報酬が一定期間ごと(通常は1ヶ月ごと)に入ってくる。
□一度顧客をつかめば、契約解除にならない限り、仕事が継続する。
□単発の顧客と比べ、会社の様子がよくわかるため、きめの細かい労務管理がしやすい。
□相談業務には、コミュニケーション力、コンサルティング力が必要とされ、ただ法律に詳しいだけでは通用しない。
□顧問契約を取るには、ある程度根気強く営業する必要がある。

>>現役社労士に仕事の現状を聞いてみました。