給与計算の仕事

Question1給与計算というのは、社会保険労務士の仕事なのですか?
具体的には、どのような仕事になるのでしょうか?

給与計算という仕事は、社会保険労務士の資格がなくてもすることができるものです。

しかし、社会保険労務士事務所では、給与計算業務を請け負っているところが多くみられます。

給与計算は、タイムカードなどの集計をするだけでなく、時間外労働手当等のチェックや社会保険料の控除などをしなければならないため、「専門家である社会保険労務士の出番!」、といったところでしょう。

ちなみに、年末調整業務は税務ですから、社会保険労務士はやってはいけないことになっています。(年末調整は、税理士の仕事です。)

給与計算の仕事の内容としては、一般的には、タイムカードなどの集計から、給与明細書の納品までを行うケースが多いようです。

「給与計算の仕事
と一言で言っても、内容は様々で、タイムカードがそのまま送られてきて、社会保険労務士が一からデータを集計する場合もあれば、会社の方でタイムカードの集計をして、集計結果一覧表が送られてくる場合もあります。

給与計算の仕事自体は、事務代行会社などが非常に安い料金で請け負っている世の中ですから、社会保険労務士事務所が「給与計算だけ」をするケースは少なく、相談業務や社会保険業務などと一緒に請け負うことが多いと思われます。

Question2給与計算の仕事の特徴は何ですか?

社会保険労務士の仕事としての、給与計算業務の特徴は、次のようなことです。

□毎月の仕事であるため、定収入になる。
□給与計算を請け負うことで、顧問先の会社の毎月の給与を把握できるため、社会保険や労務相談の業務がスムーズになることが多い。
□細かくコツコツとした仕事であるため、緻密さに欠ける人には向いていない。
□納期が決められているため、少人数の社会保険労務士事務所の場合は特に、スケジュール管理をしっかりする必要がある。
□給与明細の用紙や給与計算ソフトのメンテナンス料など、費用がかかる。

>>現役社労士に仕事の現状を聞いてみました。