開業社会保険労務士とは?

Question1よく「開業社会保険労務士」と「勤務社会保険労務士」という言葉を聞きますが、どういう意味でしょうか?

社会保険労務士は、2つの働き方があります。
開業社会保険労務士と勤務社会保険労務士です。

社会保険労務士は、全国社会保険労務士会連合会に社会保険労務士登録をするときに、この2つのどちらの形態にするか、決める必要があります。

非常にカンタンに言えば、自分で事務所を開くのが、開業社会保険労務士で、会社や事務所に勤めてそこで社会保険労務士として働くのが、勤務社会保険労務士です。

社会保険労務士事務所の所長である社会保険労務士は、開業社会保険労務士です。
その事務所に勤める社会保険労務士は、勤務社会保険労務士です。
会社に所属し、その会社の社会保険労務士として働く人は、勤務社会保険労務士というわけです。

Question2開業社会保険労務士の仕事の特徴は何ですか?

開業社会保険労務士の場合、通常の社会保険労務士の仕事に加えて、事務所を切り盛りする仕事もしなければなりません。

営業、事務所会計、備品の整備、その他色々な雑務。色々とすることがあります。

営業をしなければ仕事は入ってきませんし、事務所の経理を税理士に任せる場合でも、経費の使い方自体は、自分で決めなければなりません。対外的なつきあい事も出てきます。

社会保険労務士の仕事というのは、とかく社会保険の事務や給与計算、就業規則の作成など、机に向かって細かい作業をするようなものが多いのですが、開業社会保険労務士の場合、そうした仕事にプラスして、対外的なコミュニケーション力が必要になります。

Question3開業社会保険労務士の仕事の、良いところと悪いところは?

開業社会保険労務士の仕事については、このようなことが言えます。
□ある程度、自由に仕事ができる。
□営業のセンス、事務所経営のセンスが必要とされる。
□定期的な収入の保証がない。
□定年がない。

>>現役社労士に仕事の現状を聞いてみました。