社会保険労務士 開業いろいろ

Question1開業社会保険労務士の開業スタイルは、どんな感じなのですか?

開業社会保険労務士も様々で、色々なスタイルがあります。

自宅を事務所にして、開業する人、
事務所を借りて、そこで開業する人、
合同事務所で、開業する人、

また、自分一人で開業する人、
家族を手伝わせて、開業する人、
人を雇って、開業する人
etc.etc.・・・。

こうしたことは、「これが一番!」ということはありません。

その社会保険労務士の性格や、開業資金や、最終的に望む事務所形態や、もっと言えば、その人の目標とする社会保険労務士像など、様々なことに左右されるものですからね。

自宅を事務所として経費を抑え、安い価格でサービス提供をするというなら、それはそれで、ひとつのポリシーです。

あるいは、事務所を別に借りて、信用度を高くするのも、ひとつの方法です。

開業序盤を、合同事務所で過ごすのも、やり方の一つでしょう。

また、大きな事務所の方が良いサービス提供ができると思う人は、人を雇用して、大規模な事務所を目指せばよいし、

人をたくさん雇い入れることを避け、少数精鋭の事務所を作ろうという人は、事務所を拡大せず、かつ顧客数を抑えながら、サービスの質を維持すればよいのです。

世の中、様々な事務所があれば、顧客は自分に合った事務所を選ぶことができますから、色々な社会保険労務士の開業スタイルがあった方が健全だと思います。

Question2色々な開業スタイルの特徴としては、何がありますか?

では、開業場所について、少しまとめてみましょう。

○自宅事務所のメリット・デメリット
□経費が安く済む。
□家族、特に小さな子供などがいる場合、(個人情報保護についての)信用度に関わることもある。
□仕事とプライベートの区別がつきにくくなる。
□時間管理が難しい。

○外部事務所のメリット・デメリット
□経費がかかる。
□事務所としての信用度が高い。
□仕事とプライベートを完全に分断することができる。

○合同事務所のメリット・デメリット
□経費が、比較的安く済む。
□コピー機やシュレッダーなどの事務用品が共用で使える場合がある。
□同じフロアに同業者がいるので、何かと業務情報が得られる。
□仕事とプライベートは、分断できる。

>>現役社労士に仕事の現状を聞いてみました。